ラーメン大好きシステムエンジニア燃えPaPaの送る 各地域の特色あふれるご当地ラーメンの紹介と、 それを実際に食べられる店舗の案内

竹岡式ラーメン

こんばんは、こうちゃんです。

今回は千葉の港町にて長年愛されてきた、竹岡式ラーメンでも。

~ 特徴 ~
竹岡ラーメン(たけおかラーメン)・竹岡式ラーメンとは、千葉県内房周辺で作られているご当地ラーメンである。
竹岡ラーメンの特徴は独特の作り方にある。スープは、醤油ダレに麺茹でに使用した湯(または何も入れず沸かした湯)を入れるのみである。その醤油ダレにはしっかりと肉のうま味が溶け込んでおり、湯を加えることで見た目は濃いがまろやかな味のスープとなる。薬味には玉葱の角切りを使う。

発祥は千葉県富津市竹岡(漁師町)にあるラーメン店「梅乃家」(うめのや)と「鈴屋」(すずや)。創業は鈴屋の方が古いが、梅乃家が発端となって竹岡ラーメンは普及した。代表格の梅乃家から波及した特徴が各種存在している。 梅乃家では、麺は乾麺(都一)を使用しており、理由として近所の主婦が多数働くことから、誰でもほぼ均一に茹でられるなど作りやすく一定の品質が保てる部分が挙げられている。

・・・wikipedia引用

しょっぱそうに見えるスープも、濃いめの醤油ダレの影響で色が濃いだけで、意外とすっきり食べられてしまいます。
その特徴的な作り方から、スープを煮込んでいないので、ダシなどは薄く、脂少なめで、
チャーシューのコク、醤油ダレに溶け込んだうまさなどが味の決め手のようです。
このシンプルな一点突破の味の作りから、一見単純そうに見えて味の特徴が際立つお店も多く、
人気店などは若干都会から遠いにも関わらず、遠く竹岡に行列を作っております。

こうちゃん

千葉 勝浦タンタンメン

こんばんは、こうちゃんです。

首都圏近郊で人気のご当地ラーメンのひとつに、千葉の勝浦タンタンメンがあります。

勝浦タンタンメン(かつうらタンタンメン)は、千葉県勝浦市の飲食店で供される担担麺の名を用いたご当地ラーメンである。
勝浦のタンタンメンは、当地の海女・漁師が寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着していた。
基本スタイルは醤油をベースにしたスープに中華麺が入り、具材としてラー油や唐辛子で炒めた玉ねぎと豚挽き肉が載っている。一般的な担担麺に使われるゴマや芝麻醤は使用しない。
メニューの特徴は、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系タンタンメン。

近年、地元で協会のようなものを立ち上げ、ブームの後押しをしているため、B級グルメ大会などでもよく見かけます。
普通の担担麺以上に刺激的な辛さが食欲を増し、箸が進む一品です。
ゴマ系の調味料が使われないので、担担麺、というより、辛口ラーメンとして食べた方が違和感がありませんが、
最近では地元だけでなく、広く作られるようになってきています。
協会のホームぺージなどでは、本場の認める勝浦タンタンメン提供のお店リストを見ることもできます。

こうちゃん