ラーメン大好きシステムエンジニア燃えPaPaの送る 各地域の特色あふれるご当地ラーメンの紹介と、 それを実際に食べられる店舗の案内

青森の県民ソウルフード的ラーメンの津軽ラーメン

こんばんは、こうちゃんです。

今回ご紹介するのは、青森県のご当地ラーメンにして、
一過性でなく、古くから県民の方々に根付いて馴染みとなっているラーメン、
津軽ラーメンのご紹介をいたします。

津軽ラーメン(つがるラーメン)とは青森県津軽地方のご当地ラーメンである。津軽そばの影響を受けている。
津軽そばと同じく煮干、焼干を使った醤油味のスープを応用した和風味が特徴で、自家製の細ちぢれ麺をあわせたものが主流である。スープには豚骨や鶏がらなどを使用しない店もある。
トッピングは、葱、チャーシュー、メンマ(シナチク)、麩、がポピュラー。チャーシューは端に脂がついたロースの厚切りが多い。なるとより麩が入っていることが多いのも津軽ラーメンの特徴。
(wikipediaより)

他の県のご当地ラーメンで有名なもの、例えば札幌ラーメンや徳島ラーメンのようなものに比べ、
まだまだこちらでの知名度はやや低めで、なかなか津軽ラーメンを出すお店、というのに巡り合えることは少ないのですが、
それでも徐々にですが東京でもラーメン屋さんで津軽ラーメンを出していたり、
青森の郷土料理屋さんで1メニューとして津軽ラーメンがあったりするお店もできてきています。
多くは特徴的な、煮干し、焼き干しを使った風味豊かなおいしいスープのラーメンになっておりますので、
どうぞご賞味ください。

https://tabelog.com/keywords/%E6%B4%A5%E8%BB%BD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3/tokyo/kwdLst/MC/
食べログさんなどで探すと、
東京都内でもちょこちょこと津軽ラーメンを楽しめるお店もありますね。

こうちゃん

味噌カレー牛乳ラーメン

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、ご当地ラーメンであり、さらにB級グルメなもの、

みそカレー牛乳ラーメン

のご紹介をします。
-----
みそカレー牛乳ラーメン(みそカレーぎゅうにゅうラーメン)とは青森県青森市のB級グルメである。
味噌ラーメンのスープにカレー粉と牛乳を入れたもので、具はチャーシュー、モヤシ、バター、ワカメとメンマを使用。
札幌ラーメン横丁でラーメン店を経営していた佐藤清が、東北地方に札幌ラーメンを広めたいと1968年(昭和43年)に青森市に「味の札幌」を開店。
1970年代、松竹会館の映画館に支店を出した味の札幌において、ラーメンにケチャップやマヨネーズ、コーラなどさまざまなものを入れて食する遊びが中高生の間で流行した。
このとき、「味噌ラーメンにカレーとミルクを入れて食べると何故か美味い」といううわさが流れ始め、ご当地ラーメンの模索をしていた店主は、客側の要望によって1978年(昭和53年)、正式なメニューとして「味噌カレー牛乳ラーメン」を発売した。

その店主は亡くなったが、店主の弟子達が味噌カレー牛乳ラーメンを受け継ぎ、青森市内で弟子達がそれぞれ経営している店舗(2012年現在は5店舗)で味噌カレー牛乳ラーメンを提供している。

-----wikipedia参照
という代物です。

カレーに牛乳を入れるとまろやかになっておいしいですし、
カレーとラーメンも相性いいですから(そもそもカレーラーメンは定番で日本中にある)、
その組み合わせは、こってりしてておいしそうです。かなり珍しいラーメンですが、ぜひ一度食べてみたい・・・。
バターまで入って濃厚でしょうし。
味噌バターラーメンは定番ですしね。

ちなみに、珍しさや味のよさで、現在では全国に味噌カレー牛乳ラーメンがカップラーメンとして発売されております。

まだまだ他県では珍しいメニューですが、なんとまあ、こちら、
東京でも、三代目藤村商店 というお店で食すことができるそうです。
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13182856/
なかなかに珍しいラーメンですが、お近くにお越しの際は、ぜひ一度試してみてください。

こうちゃん