ラーメン大好きシステムエンジニア燃えPaPaの送る 各地域の特色あふれるご当地ラーメンの紹介と、 それを実際に食べられる店舗の案内

千葉 勝浦タンタンメン

こんばんは、こうちゃんです。

首都圏近郊で人気のご当地ラーメンのひとつに、千葉の勝浦タンタンメンがあります。

勝浦タンタンメン(かつうらタンタンメン)は、千葉県勝浦市の飲食店で供される担担麺の名を用いたご当地ラーメンである。
勝浦のタンタンメンは、当地の海女・漁師が寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着していた。
基本スタイルは醤油をベースにしたスープに中華麺が入り、具材としてラー油や唐辛子で炒めた玉ねぎと豚挽き肉が載っている。一般的な担担麺に使われるゴマや芝麻醤は使用しない。
メニューの特徴は、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系タンタンメン。

近年、地元で協会のようなものを立ち上げ、ブームの後押しをしているため、B級グルメ大会などでもよく見かけます。
普通の担担麺以上に刺激的な辛さが食欲を増し、箸が進む一品です。
ゴマ系の調味料が使われないので、担担麺、というより、辛口ラーメンとして食べた方が違和感がありませんが、
最近では地元だけでなく、広く作られるようになってきています。
協会のホームぺージなどでは、本場の認める勝浦タンタンメン提供のお店リストを見ることもできます。

こうちゃん

味噌カレー牛乳ラーメン

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、ご当地ラーメンであり、さらにB級グルメなもの、

みそカレー牛乳ラーメン

のご紹介をします。
-----
みそカレー牛乳ラーメン(みそカレーぎゅうにゅうラーメン)とは青森県青森市のB級グルメである。
味噌ラーメンのスープにカレー粉と牛乳を入れたもので、具はチャーシュー、モヤシ、バター、ワカメとメンマを使用。
札幌ラーメン横丁でラーメン店を経営していた佐藤清が、東北地方に札幌ラーメンを広めたいと1968年(昭和43年)に青森市に「味の札幌」を開店。
1970年代、松竹会館の映画館に支店を出した味の札幌において、ラーメンにケチャップやマヨネーズ、コーラなどさまざまなものを入れて食する遊びが中高生の間で流行した。
このとき、「味噌ラーメンにカレーとミルクを入れて食べると何故か美味い」といううわさが流れ始め、ご当地ラーメンの模索をしていた店主は、客側の要望によって1978年(昭和53年)、正式なメニューとして「味噌カレー牛乳ラーメン」を発売した。

その店主は亡くなったが、店主の弟子達が味噌カレー牛乳ラーメンを受け継ぎ、青森市内で弟子達がそれぞれ経営している店舗(2012年現在は5店舗)で味噌カレー牛乳ラーメンを提供している。

-----wikipedia参照
という代物です。

カレーに牛乳を入れるとまろやかになっておいしいですし、
カレーとラーメンも相性いいですから(そもそもカレーラーメンは定番で日本中にある)、
その組み合わせは、こってりしてておいしそうです。かなり珍しいラーメンですが、ぜひ一度食べてみたい・・・。
バターまで入って濃厚でしょうし。
味噌バターラーメンは定番ですしね。

ちなみに、珍しさや味のよさで、現在では全国に味噌カレー牛乳ラーメンがカップラーメンとして発売されております。

まだまだ他県では珍しいメニューですが、なんとまあ、こちら、
東京でも、三代目藤村商店 というお店で食すことができるそうです。
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13182856/
なかなかに珍しいラーメンですが、お近くにお越しの際は、ぜひ一度試してみてください。

こうちゃん

あけまして

あけましておめでとうございます、こうちゃんです。

昨年中はお世話になりました。
今年も大好きなラーメン一色でがんばっていこうと思いますので、
どうか本年もよろしくお願いいたします。

こうちゃん